ぼっこはヨガを通して、皆様の生活を豊かで美しくします

株式会社ぼっこは、ヨガインストラクター養成とヨガスタジオ運営を通して、皆様の生活に潤いをお届けいたします

好きなことで、好きな形で生きていく!


 ぼっこでRYT200を取得して、「人生が変わった」と言っていただけることが、よくあります。これは、これまでのパートなどのお仕事が、言われた作業をなるべく正確に早くこなす事を目的にしたお仕事であったのに対して、ヨガインストラクターというお仕事がとても創造的なお仕事だからです。
 
 資格の取得後は、もちろん既存のヨガスタジオでインストラクターとして働くこともできますし、自宅の使ってない蔵を改造してヨガスタジオを作ることもできますし、公民館などを借りて移動ヨガ教室を行うこともできます。また、すでにカフェなどを運営されている方などは、カフェでのイベントでシナジー効果のある集客につなげることもできるかと思います。

 なんかユーチューバーのコピーみたいになってしまいましたが、ぼっこではヨガインストラクターというお仕事を広く捕らえて、資格取得後の活かし方も含めて、解説しています。

おうちヨガスタジオ

おうちヨガスタジオ

自宅に広めのお部屋があるのであれば、リスクをとらずにおうちヨガスタジオを開設することができます。
出張ヨガ

出張ヨガ

オフィスやママさんグループ、幼稚園、高齢者施設などに、出張ヨガを行うこともできます。SNSやウエブを活用することで、広告料を抑えることもできます。
外ヨガイベント

外ヨガイベント

近くの海岸や湖岸、高原、公園などがあれば、外ヨガイベントを行うこともできます。気持ちのよい環境の中で、地域の皆様との交流も深められます。

ぼっこは安心の全米ヨガアライアンス認定校です


 全米ヨガアライアンスは、世界で最も信頼されているヨガインストラクターの認定機関です。ぼっこは、全米ヨガアライアンス認定校の中で、RYS200(Registered Yoga School 200)となっており、RYT200(Registered Yoga Teacher 200)を認定する講習を行うことができます。ぼっこの全米ヨガアライアンス認定ページをご覧ください。

全米ヨガアライアンスのロゴ
RYS200(登録済ヨガスクール)のロゴ

RYT200について

背景画像
01

RYT200とは何ですか?

RYT200とは全米ヨガアライアンスが認定する世界標準のヨガインストラクター資格です。RYS200に認定されてる養成スクールで取得することができます。
02

RYT200の取得にはどのくらいの時間がいりますか?

実習時間180時間になっています。この実習時間を、1ヶ月程度に集中して行うことも、半年、一年程度に分けて行うことも可能です。
03

RYT200の取得費用はいくらですか

全米ヨガアライアンスが決めている標準料金はありません。実際は、180時間の講習を行うための人件費・賃貸料・広告費から自然に決まっており、40ー60万円程度になります。
04

RYT200の登録料はいくらですか

全米ヨガアライアンスへの登録料は50ドル、年会費は65ドルになります。初回登録には、RYS200が発行する修了証が必要になります。
05

RYT200の更新はどのように行いますか?

すべてウエブ上で行います。3年で30時間の講習を行う必要があり、その内10時間はYACEP認定の講習を受ける必要があります。
06

近くのヨガスタジオ独自の講座ではだめですか?

全くお勧めできません。スタジオ独自資格はそのスタジオの講師になるための講習の意味合いが強く、総時間や内容に客観性がありません。また、そのスタジオがなくなったときに、内容や講習の事実を証明する人が居なくなってしまいます。
背景画像2

スキルアップ講習も行っています

ヨガインストラクター向けのスキルアップ講習も行っています。RYT200の保持者でなくても御受講いただけます。

学び直しからYACEPまで

インストラクター活動を始めてからも、インプットを絶やさないことが、スキルアップには欠かせません。ヨガスキルはもちろんのこと、集客の方法やヨガの思想など様々の面からの講習を行っています。

 さらに、RYT200の更新に、3年に10時間要求されるYACEPの対応講習も行っています。
ヨガのポーズを室内でとる女性

ポーズや指導法

インストラクター活動を始めてからもポーズや指導法を学び続けられます

ヨガの思想も学べます

初学の時はおろそかになりがちな、ヨガの思想面ですが、ここにヨガの原点があります

マーケティング面も

スタジオやイベントに人を集められないという方に、マーケティング講習も行います

YACEPとは何ですか?

YACEPは全米ヨガアライアンスが、RYT200の更新時に要求している講習です

3年間で10時間の受講が必要です

近年いろいろな面で改革を進められている全米ヨガアライアンスですが、2016年からRYT200取得後のスキルアップとして、YACEP講習を3年で10時間受講することを更新の条件としました。

YACEP講習は、E-RYT200以上の講師が、全米ヨガアライアンスにプランを提出し、受講者が実際に受講したことを入力することで、管理されています。

ぼっこでは定期的にYACEPに対応した講習を行っています。

ヨガスタジオぼっこも運営しています

株式会社ぼっこは、滋賀県のJR草津駅から徒歩12分の場所で、「ヨガスタジオぼっこ」も運営しています。ぼっこのRYT200養成講座の卒業生が多く活躍しています。

火曜日から日曜日の午前から22時30分までの間、しっかりとクラスが埋まっていますので、お忙しい方でも時間を見つけてご参加いただけます。

もちろん、ほとんどの講師がRYT200を保持しているしっかりした講師陣ですので、すべてのクラスを安心して御受講いただけます。

草津栗東地域の方に、お世話になり、愛されているヨガスタジオになっています。

ヨガスタジオぼっこのページはこちらから